お問合せ先  松阪市のホームページへ

▲見てみて 社協です!
 
動画をご覧いただくには
再生ボタンかこちらをクリック

松阪市社会福祉協議会から「見てみて社協です」をお送りします。
みなさん こんにちは「感謝の気持ち」って、思っていても、なかなか口に出して言えないものですよね。社協では、地域の人への感謝の気持ちを伝えていただく『ありがとう三行詩』を募集します。詳しいことは、社協だより7月号に折り込みますのでご覧ください。さて、一人暮らし等の高齢者の方で、万が一、家の中で病気や事故等の緊急事態が起こったら。そんな不安をお持ちの方はいらっしゃいませんか? 「緊急通報装置」は、急に具合が悪くなった時や、動けなくなってしまった時にボタンを押すと緊急監視センターにつながり、状況によって医療機関などに連絡をとることができます。今回の「見てみて 社協です!」では、緊急時にボタンを押すだけで通話ができる「緊急通報システム」などをご案内します。この他にも装置には「相談」ボタンがついていて、健康相談をすることができます。この緊急通報システムを利用いただける方は、・心身に障がいのあるおおむね65歳以上の方・(外部への連絡が困難で)市民税(4月から5月は前年度市民税)非課税のひとり暮らしの高齢者の方です。システムの利用は無料です。申込みと詳しい内容については、ご覧のところまでお問い合わせください。なお、緊急通報システムの利用には、事前調査が必要です。地域の状況を把握する社協の担当職員が訪問し、必要があれば他の支援やサービスにつなげることも視野に入れ調査にあたります。続いて、児童発達支援地域スクールについてご案内します。この事業は、障がいや心身の発達に心配がある児童を対象に、春休みと夏休みの間の活動の場作りとして実施します。また、地域の方々にボランティアとして参加いただき、児童への理解と家庭・学校とは違った経験をしていただくことを目的としています。現在、ボランティアとしてお手伝いいただける方を募集しています。夏休み期間中に児童と一緒にレクリエーションなどに参加していただき、食事・トイレなどの介助の必要なお子さんの付き添い等をしていただきます。児童発達支援地域スクールについては詳しいことは、福祉のまちづくり課までお問合せください。また、社協だより7月号にも掲載していますのでご覧ください。今回はこのへんで!次回もぜひ見てくださいね~。
アイウエーブトップページへ 松阪市ホームページへ

Copyright (C) 2005 Matsusaka City CATV System All Rights Reserved.