お問合せ先  松阪市のホームページへ

▲見てみて 社協です!
 
動画をご覧いただくには
再生ボタンかこちらをクリック

最後に、社会福祉協議会から見てみて 社協です!をお送りします。
みなさんこんにちは!見てみて社協です。まだまだ寒い日が続きますが、少しずつ春の声が聞こえて来ましたね。さて、松阪社協では、毎年10月1日から12月31日までの間「赤い羽根共同募金運動」を行っています。昨年も、多くの皆さまにご協力をいただきました。ありがとうございました。寄せられた募金は、様々な形で活用させていただいていますが、皆様の中には、赤い羽根共同募金が何に役立てられているのかなぁと、思われている方も見えると思いますその使いみちを含めた募金のいろはを知っていただく「松阪共同募金のつどい」を3月27日に開催します。詳しくはこの番組の最後にお届けします。それでは、今回の見てみて社協、心配ごと相談についてご案内します。突然ですが染谷さん、染谷さんは普段の暮らしの中で不安なことや、気がかりなこと、何かスッキリしないことがあったとき、身近に話を聞いてくれる人はいますか?そうですね、話ができる時と出来ない時がありますね。内容によっては、身近な人に言いにくいこともありますね。はい。人は誰でも、悩みや心配ごとがありますよね。そうしたときに、訪ねていただきたいところが、今回ご紹介する「心配ごと相談」です。心配ごと相談はどこで行っていますか?はい、松阪市社会福祉会館の2階・相談室のほか社協の各支所で行っています。どんな相談でも良いのですか?はい。例えば、人間関係や、仕事、子育て、恋愛、財産など、日々の暮らしの中にある心配ごとあなたの中で膨らんでいる「もやもや~」。どんなことでもかまいません。相談員はどんな方ですか?相談員は、民生委員や学識経験のある方で、男性、女性各1名ずつで相談にあたります。実際に今回は、相談員を代表して、こちらのお二人にお越しいただきました。「相談員の久瀬 宰(おさむ)です」「同じく相談員の坂井 文(ふみ)です」相談の内容によって、他の専門家のアドバイスが必要と判断した場合、専門家を紹介させていただきます。もちろん、秘密は厳守し、外にもれることはありません。相談は無料ですので安心してお越しください。松阪社協では、本所・各支所などで心配ごと相談を行っています。松阪社協のホームページにも掲載していますので、それぞれの地域で、ご利用ください。さて、番組のはじめご案内しました『松阪共同募金のつどい』ですが、3月27日午後1時半から嬉野社会福祉センターで開催します。今回のつどいでは、地域の悩みに寄り添い、住民の共感を得て運動に取り組まれた皇學館大学准教授の板井正斉さんからお話をいただきます。赤い羽根共同募金は、市民のやさしさや思いやりを届ける運動です。つどいを機会に、松阪市の共同募金運動を一緒に考えましょう。みなさんのご参加お待ちしております。今回はこのへんで。次回もぜひ見てくださいね~!

アイウエーブトップページへ 松阪市ホームページへ

Copyright (C) 2005 Matsusaka City CATV System All Rights Reserved.