お問合せ先  松阪市のホームページへ

▲見てみて 社協です!
 
動画をご覧いただくには
再生ボタンかこちらをクリック

最後に、社会福祉協議会から見てみて 社協です!をお送りします。
みなさんこんにちは。見てみて 社協です。さて、松阪社協では今年も「在宅介護者のつどい」をハートフルみくも保健福祉センターで開催します。在宅で介護されている方がリフレッシュできるよう民生委員さんのご協力のもと、準備を進めています。また当日は、障がい福祉サービス事業所の自主製品販売を行っていますので、ぜひ、ご参加ください。今回の「見てみて社協です」は、地域福祉の活動を応援するために行っているまちづくり事業についてご案内します。松阪市社会福祉協議会は、『地域福祉』を推進する中核的な団体として誰もが安心して暮らすことができる福祉のまちづくりを推進しています。 現在、各地区の住民協議会や地区福祉会が中心となって、地域福祉を推進するため小地域福祉活動を展開されています。社協がおこなっている『まちづくり事業』はいくつかあります。●地域で行う各種行事やイベントなど、福祉活動の企画・活動支援●研修視察地や各種助成金などの情報発信●車いすや防災訓練に使用する炊き出し用鍋、テント、移動用バスなどの貸し出し●ボランティア活動の支援●地域福祉活動団体等への資金助成●悩みや心配事などの相談支援このまちづくり事業を推進していくため、社協は地域担当制を導入しています。松阪市を9つのエリアに分け“地域担当者”を配置しています。地域担当者は、地域課題やニーズなどを把握し、地域の住民活動を支援しています。例えば、地区福祉会や住民協議会による福祉に関する会議、イベント、地域での話し合いの場に積極的に参加し、地域の困りごとや個別の福祉課題などを発見することで、新しい活動につなげています。地域担当者を配置することで、地域の皆さんの顔と顔が見える関係をつくるとともに、地域が元気になるよう、様々な関係機関とサポート体制を採っています。しかし、地域福祉活動の主役は、住民のみなさまです。社協は、様々な活動を通して住民の皆様が積極的に福祉活動に関わっていただけるよう支援をさせていただきます。今回は地域の ふ・く・し を支えるまちづくり事業についてお知らせしました。社協では、まちづくりのために、マンパワーのサポートだけでなく、助成金支給などの「資金」サポートも行っています。皆さんの地域の「こんなことがしたい!」や「こまったなぁ」がありましたら、お気軽にお問合せください。私たち社協職員は、オレンジジャンパーを着て地域に伺いますので、どんなことでもお声かけ下さいね!今回は、このへんで

アイウエーブトップページへ 松阪市ホームページへ

Copyright (C) 2005 Matsusaka City CATV System All Rights Reserved.