お問合せ先  松阪市のホームページへ

▲見てみて 社協です!
 
動画をご覧いただくには
再生ボタンかこちらをクリック

最後に、社会福祉協議会から見てみて 社協です!をお送りします。
こんにちは!見てみて社協です。みなさん、こんな声を聞いたことはありませんか?・銀行で、「認知症の方の預金の出し入れは、同じ家族であっても、成年後見制度をご利用ください」と言われた。・「父親が亡くなり、財産を自分と弟で相続するが、知的障がいがあるために自分で手続きができない弟の相続や財産管理はどうすればいいの?」・精神障がいのあるご近所の方が、『古くなった家の改修をしませんか』という業者の訪問を受けている、だまされて契約をしないか心配だわ」こういった不安や心配事を、法的に権限を与えられた人が、本人に代わって、権利や財産を守り、支援する制度、これが成年後見制度です。松阪社協では、この成年後見制度をお手伝いする事業として、平成27年9月から「地域後見サポート事業」をスタートさせました。今回は「地域後見サポート事業」について説明します。松阪市社会福祉協議会では、地域後見サポート事業を開始したことで、裁判所から選任されれば、後見人などとして支援することができるようになりました。皆さんの不安や心配事を少しでも解消できるように、難しい手続きのお手伝いや、支援などを行います。また、申立の書類作成の代行が必要な場合は専門家におつなぎします。具体的には、その人らしい生活がおくれるよう金銭管理だけでなく、必要なサービスの調整や不安な時の電話対応、見守り・訪問など本人に寄り添ったきめ細やかなサポートを行います。成年後見制度の説明はもちろん、必要があれば他の制度やサービス利用などもご紹介させていただきます。手続きなどでお困りの場合にも松阪市社会福祉協議会にご相談ください。2月12日、午後1時30分から、橋西地区市民センターで、「みんなで支える成年後見制度シンポジウム〜あの人は、あの人らしく生きてほしいもの〜」と題してシンポジウムを開催します。参加費は無料、定員は80名です。松阪市社会福祉協議会の地域後見サポート事業運営委員を迎え、司法書士、社会福祉士などの専門職からみた成年後見活動のお話をしていただきます。また松阪市の成年後見制度の利用支援や関係機関との連携について理解を深めていただきたいと思います。松阪社協では「外出してみたいけど人ごみはちょっと緊張する」「気軽に行ける場所が欲しい」などといったお悩みを抱えた方を対象に毎月第二・第四金曜日に『とのまちカフェ』を開催しています。この『とのまちカフェ』は、「人と人とのつながりを深め、誰もが住み慣れた地域で自分らしく、いきいきと暮らせるように」という思いが込められていて、気軽に相談できるコミュニケーションスペースとなっています。また、歌声喫茶や美味しいお茶の入れ方講座、調理実習などを楽しむ『イベントとのまちカフェ』も2ヶ月に1回程度開催しています。12月25日のクリスマスには、管理栄養士の指導のもと、チキンライス、スープ、サラダ、アップルケーキなどをつくり、にぎやかに食事を楽しみました。殿町にある福祉会館で開催していますので、ぜひお立ち寄りください。今回は、このへんで、次回もぜひ観てくださいね〜!

アイウエーブトップページへ 松阪市ホームページへ

Copyright (C) 2005 Matsusaka City CATV System All Rights Reserved.