お問合せ先  松阪市のホームページへ

▲北海道知事 武四郎のふるさとを来訪
 
動画をご覧いただくには
再生ボタンかこちらをクリック

北海道の高橋知事が、1月16日、北海道の名付け親である「松浦武四郎」のふるさと松阪を訪れました。《松阪市小野江町/1月16日(月)》
北海道では、来年、「北海道」と命名されてから150年目の節目を迎えることから、その記念事業として「北海道150年事業」を実施します。高橋知事は、北海道の名付け親である「松浦武四郎」が、事業のキーパーソンと捉え、今回の訪問となりました。高橋知事は、はじめに、来年の一般公開に向け、現在改修を行っている武四郎の生家を訪れ、竹上市長から説明を受けました。また、松浦武四郎記念館では、武四郎が、調査の時に使った書付や、北海道という呼び名を明治政府に提案した際の上申書などを見学しました。懇親会で、竹上市長は「武四郎の知名度を上げ、全国の人に知ってもらいたい。武四郎のテレビドラマを作りたいので、連携して発信していきたい」と話しました。高橋知事は「松浦武四郎は、北海道の詳細な記録を残した恩人であり、来年は生誕200年にあたる。記念事業などで知名度アップに尽力したい」と答えました。
アイウエーブトップページへ 松阪市ホームページへ

Copyright (C) 2005 Matsusaka City CATV System All Rights Reserved.