お問合せ先  松阪市のホームページへ

▲1553人が新成人
 
動画をご覧いただくには
再生ボタンかこちらをクリック

1月8日、さんぎんアリーナで、新成人のつどいが開かれ、今年新たに1553人が、大人の仲間入りをしました。《さんぎんアリーナ 1月8日(日)》
今年新成人を迎えたのは、平成8年4月2日から、平成9年4月1日生まれの方です。今年のつどいは、一人一人が様々な困難を乗り越え、虹のように、鮮やかに輝く未来を切り開いていきたいという意味を込め、「虹、七色の未来」というテーマがつけられました。新成人を前に竹上市長は、「皆さん、厳しい社会を生き抜くため、自分を好きでいてください。自分の事を好きでいれば必ず相手も好きになってくれます。」と、祝辞を述べました。続いて、新成人代表が、「大人の仲間入りを果たす私たちが、輝かしい未来を歩んでいけるよう、より一層尽力していきたい。」と決意を述べました。また、恩師からビデオメッセージが寄せられ、新成人たちは、祝福を受けながら、二十歳の決意を胸に新しい人生の一歩を踏み出しました。(インタビュー)
アイウエーブトップページへ 松阪市ホームページへ

Copyright (C) 2005 Matsusaka City CATV System All Rights Reserved.